MENU

当クリニックの中絶手術について

  • ホーム>
  • 当クリニックの中絶手術について

Abortion

早川クリニックの中絶手術

初期中絶手術を行っています

大阪市中央区心斎橋の早川クリニックでは、妊娠12週未満(妊娠4週から11週6日)までの初期中絶手術に行っています。
この時期までは初期中絶手術となり、それ以降(妊娠12週から)は中期中絶手術となり、入院が必要となりますので責任を持って適切な医療機関をご紹介させていただきます。

妊娠12週未満まで初期中絶手術が受けられると言っても、妊娠週数が進めば進むほどお体への負担が増すことになりますので、中絶手術をお考えならできるだけお早めにご相談ください。

お体への負担を考えた時、妊娠6~8週あたりに手術を受けられるのが理想であると言えます。

安全性の高い吸引法で手術します

中絶手術の方法として、当クリニックではWHO(世界保健機関)が推奨してる“吸引法”を採用しております。
吸引法とは、子宮内に吸引器具を挿入して内容物を吸引するという方法で、従来行われていた掻破法(器具を使って内容物を掻き出す方法)と比べて子宮を傷つけるリスクが低く、子宮穿孔(子宮に穴が開くこと)が起こりにくく、術後の合併症も防ぎやすいとされています。

現在、世界的に見ても安全性の高さからスタンダードとなっている方法で、術後の影響を心配せずに安心して手術を受けていただくことができます。

術中は静脈麻酔を実施

中絶手術を行う際は、全身麻酔の静脈麻酔を実施します。
これにより、痛みを感じることなく手術が受けられるようになります。
麻酔によるトラブルを防ぐために、術中は心拍や血中酸素濃度をモニターでチェックして安全性を確保しています。

なお、術後も麻酔の影響が残る恐れがありますので、ご自身の運転によるお車や自転車でのご帰宅はお控えください。

手術当日の前処置にも対応

中絶手術を安全に行うために、手術前日に頸管拡張という処置を行う場合があります。
当クリニックでは頸管拡張のための処置として“ラミセル”と“ラミナリア”の両方に対応しています。
ラミセルのメリットは、当日手術を行うとなった場合、2~3時間で頸管拡張することが可能ですが、上手く開かないこともあります。
ラミナリアの場合、前日から使用するためスムーズに拡張させられることが多いと言えます。

安全面を考えた時、前日から処置を行うラミナリアを使用した方が痛みが少なく安全であると言えますが、手術当日のラミセルにも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

06-6245-2100

06-6245-2100

インターネットからのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら